募金について

ユニセフの活動は募金に支えられています

ユニセフの年間活動費の約3割は世界各国の民間からの募金でまかなわれており、支援を必要としている子どもたちへの大きな力となっています。

 

神奈川県ユニセフ協会では、ユニセフ募金をお受けしています

全国の郵便局(ゆうちょ銀行)からユニセフ募金をご送金いただくことができます。

口座名義 公益財団法人 日本ユニセフ協会
郵便払込口座番号 00190-5-31000
備考 通信欄に神奈川県ユニセフ協会コード「K1-140」とご記入ください。

*手数料については、加入者負担あるいは免除となっております。

振込用紙が必要な方は、窓口専用・送料加入者負担の振込用紙をお送りしますので、当協会までご連絡ください。

*ATMおよびゆうちょダイレクト(パソコン、携帯、電話、FAX)では送金手数料が免除となりませんのでご注意ください。

*領収書は、約2週間後日本ユニセフ協会から送付されます。税金控除の対象になりますので、領収書は大切に保管してください。

>>ユニセフ募金の税制上の優遇措置について見る(日本ユニセフ協会公式ページが開きます)

 

県内の企業・団体の皆様へ… 企業寄付やユニセフ募金箱の設置もご相談ください

厚紙製募金箱

国連機関であるユニセフの日本での認知度は96%以上(2006年調べ)

「周年事業や事業継承を機に寄付したい」「店頭・オフィスに募金箱を設置したい」「イベントで募金活動に取り組みたい」-
“企業の規模や性格に合った支援”を一緒に考えてみませんか。神奈川県ユニセフ協会までお気軽にご相談ください。

 

ユニセフ募金の種類

ユニセフの活動はみなさまのご協力によって支えられています。
(項目をクリックすると詳細が表示されます)

  • 子どもたちを守るユニセフの活動全体を支えます

    通常(一般)募金はユニセフ本部に拠出され、ユニセフの執行理事会で承認された各国の支援計画と予算に基づき、世界150以上の国と地域で実施されているユニセフのさまざまな支援事業(保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護など)に配分されます。使途を限定せず、ニーズに応じてさまざまなプログラムに用いることができるため、厳しい状況にありながら、世界の注目を浴びることのない国々への子どもたちの支援を可能にし、中長期的な活動を支える大切な資金として使われます。

  • カンボジアの子どもへの暴力をなくしたい―神奈川県ユニセフ協会独自の指定募金です

    カンボジア指定カンボジアの世代間で引き継がれる暴力の連鎖を断ち切るため、学校や家庭などで日常的に子どもに関わる大人が、暴力を使わない指導や育児法を学び、子どもへの暴力をなくすユニセフのプロジェクトを、2019~2023年の5年間にわたり支援しています。>>指定募金の支援内容を詳しく見る
    ※お振込みの場合 通信欄に11067 カンボジア子ども保護K1-140と記入してください。

  • 「ロヒンギャ」難民 緊急募金
    2017年の夏にミャンマーで激化した暴力から逃れるため、ミャンマーのラカイン州から国境を越えてバングラデシュに逃れてきたロヒンギャ難民の子どもたちを支援する募金です。
    ※お振込みの場合 通信欄にロヒンギャ難民K1-140と記入してください。
    「シリア」 緊急募金
    2011年3月の紛争勃発以来、武力紛争により避難を強いられているシリアの子どもたちと家族を支援する募金です。
    ※お振込みの場合 通信欄にシリアK1-140と記入してください。
    「アフリカ栄養危機」 緊急募金
    干ばつ・紛争・食糧危機などの情勢不安と気候変動によって、西部・南部を中心に栄養危機に直面する子どもたちを支援する募金です。
    ※お振込みの場合 通信欄にアフリカ栄養危機K1-140と記入してください。
    「人道危機」 緊急募金
    世界各地でいまだ続く戦争や武力紛争の影響を受けている子どもたちへの緊急・復興支援活動を支える募金です。
    ※お振込みの場合 通信欄に人道危機K1-140と記入してください。
    「新型コロナウイルス」 緊急募金
    NEW新型コロナウイルスに対応するユニセフの活動を支える募金です。新型ウイルス感染拡大以前から紛争などにより医療体制が脆弱な途上国で命の危険に晒されている子どもたちを最優先に支援します。
    なお、本緊急募金を通じてお寄せいただいたご寄付については、日本を含む先進国は支援対象といたしません。
    ※お振込みの場合 通信欄に新型コロナK1-140と記入してください。
    「自然災害」 緊急募金

    世界各地で発生している地震や津波、洪水、台風やサイクロン、干ばつなどの自然災害で被災した人への緊急・復興支援活動を支える募金です。
    ※お振込みの場合 通信欄に自然災害K1-140と記入してください。

  • 「子どもとエイズ」募金

    ユニセフが目指すのは「エイズのない世代」の実現。HIVに感染せずに誕生し、感染しないまま20歳を迎える世代のことです。その実現のため、ユニセフはパートナーとともに世界各地で活動を行っています。
    ※お振込みの場合 通信欄に子どもとエイズK1-140と記入してください。
    「マダガスカル水と衛生」募金

    ©日本ユニセフ協会/2010/satomi matsui

    国全体で2人にひとりしか安全な水を使えない島国マダガスカル。49%の子どもが慢性的な栄養不良の状態にあり、その間接的な理由のひとつが、不衛生な水と衛生環境が起因する下痢や寄生虫病です。募金は水と衛生の活動に広く使われます。

    ※お振込みの場合 通信欄にマダガスカル水と衛生K1-140と記入してください。

お振込み以外にも募金方法はさまざま

口座にお振込みいただく以外にも、以下のような募金方法があります。

神奈川県ユニセフ協会を通じた募金

・県ユニセフ協会主催の募金活動で募金する
>>募金活動(ユニセフラブ・ウォーク/ハンドインハンド(全国一斉街頭募金))

・>>書き損じはがき募金

・>>外国コイン募金

・>>ユニセフ支援ギフト

その他の募金・寄付の方法

・>>マンスリーサポート(日本ユニセフ協会公式ページが開きます)

・>>ユニセフ遺産寄付プログラム(日本ユニセフ協会公式ページが開きます)

・>>募金や寄付方法を詳しく見る(日本ユニセフ協会公式ページが開きます)

PAGE TOP