夏休み親子ボランティア企画「外国コイン仕分け活動体験」(オンライン)開催

神奈川県ユニセフ協会に寄せられた外国コインの仕分けを、参加した子どもたちにチャレンジしてもらいました。当初は集合開催の予定でしたが、オンライン(ZOOM)で交流しながら作業していただくよう変更となりました。急な変更にもかかわらず、保護者の皆様にご協力いただき、画面上に映る子どもたち同士で楽しく仕分け体験を行いました。

・日時:①8月6日(金)、②8月8日(日・祝)いずれも13時~14時30分

 オンライン(ZOOM)にて開催

・参加人数:合計35名(子ども16名、大人16名、高校生インターン3名)

 

「ユニセフ外国コイン募金」の説明のあと、高校生インターンのお兄さんお姉さんから「ユニセフ募金がどのように使われているか」お話を聞きました。お腹を空かせているお友達や、水を得るのも大変なお友達が世界にはたくさんいることや、ユニセフが子どもたちのところに届けている栄養治療食やワクチン、水をくむための井戸づくりのお話をしてもらいました。

そのあと高校生と一緒に、オンラインで仕分け体験も行いました。

たくさんある外国コインを国や地域別に仕分けをする作業は、とても集中力が必要でしたが「面白い形のコインがあった!」「日本の古いお金があったよ」などと教えてあって、楽しくすすみました。

参加した子どもたちからは、たくさんの感想をお寄せいただきました。(写真は一部抜粋)

 

【番外編…高校生が大活躍!】

オンライン企画に急遽変更になり、外国コインを各参加者のご家庭へ発送する作業はユニシーズ高校生ボランティアが行いました。

 

 


PAGE TOP