あの日から10年~「ちっちゃな図書館プロジェクト」ユニセフボランティアの記録

「子どもたちの笑顔のために」

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、もうすぐ10年が経とうとしています。

震災後、ユニセフでは約50年ぶりに日本国内で支援が展開されました。

支援の一つとして「子どもたちにえほんをおくろう、えがおをおくろう」の合言葉で、子どもの心のケアのための「子どもにやさしい空間」づくりのための「ちっちゃな図書館プロジェクト」が日本ユニセフ協会の呼びかけで行われました。

全国から被災地の子どもたちに寄せられた絵本を仕分け・発送する後方作業を、神奈川県ユニセフ協会ボランティアが行いました。

大量の絵本を「一刻も早く被災地に届けたい」という思いで、2011年4月の一か月弱の短期間に昼夜交代で作業を行いました。

 

風化させない、忘れない「子どもの心に寄り添う居場所づくり」の大切さ

研修会のようす

東日本大震災以降、神奈川県ユニセフ協会では「子どもにやさしい空間づくり(CFS)研修」を通じて、災害時の子ども居場所づくりの大切さを伝え、広げる活動をすすめています。


PAGE TOP