2020年度 学習支援活動一覧

2020年度学習支援活動一覧

2020年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月~8月までは活動を休止し、9月より

講師側(マスク着用・消毒の徹底など)と受講者側(クラスや学年ごと複数回開催、委員のみ開催など学校と相談)双方に感染対策を行いながら、新型コロナウイルス感染症に対するユニセフの活動について内容を補強したうえで、活動を再開しました。

学校・団体名 対象者 実施日付 所要時間 対象人数 依頼内容
子ども 大人
1 (静岡県)長泉町立長泉中学校 1.2年生 1/15 110 488 0 世界の子どもたちの現状、どのような生活をしているのか?
2 平塚市立大野小学校 4年生 1/15 95 88 3 食料、水、衛生など世界の現状と支援のためにどのような活動があるのかを知り、募金活動につなげる
3 生活協同組合ユーコープ 組合員 1/15 30 0 7 組合員対象 カンボジア指定募金について
4 小田原市立報徳小学校 6年生 1/16 45 59 3 戦争をゲームなどで軽く考えている子どもたちへ、戦争に対する考え方を深め世界の現状を知り、自分たちにできそうなことを考える(募金活動)
5 川崎市立柿生小学校 6年生 1/23 200 106 4 (昨年の出前学習をもとに)子どもたちのユニセフの発表を完成させるための助言
6 川崎市立平間小学校 1~6年生 1/25 125 80 40 SDGsとユニセフを知り、身の回りでどんなことにつながっているのか各学年で考える
7 横浜市立末吉中学校 2年生 1/31 60 290 15 少年兵や地雷など、戦争が子どもたちへもたらす影響について
8 横須賀学院中学・高等学校 中高生 1/28 90 10 2 キャリアガイダンス。世界の現状を知り、世界にはどんな仕事や活動があるのか講師の経験を聞く
9 横浜市立末吉中学校 3年生 2/20 50 270 13 児童労働の現状や、それにまつわる問題について知り世界に目を向ける
10 相模原市くぬぎ台小学校 6年生 2/19 95 72 3 国際理解、同年齢の世界の子どもたちのようす(体験)
11 横浜市立鶴見中学校 厚生委員 9/3 45 29 3 ユニセフの基礎知識、募金の使途(委員会向け)
12 相模原市立谷口台小学校 6年生 9/8 190 134 10 世界の12歳の子どもたちの暮らし(体験)、支援先の子どもたちの様子
13 横浜市立緑小学校 6年生 9/15 4クラス×40分 158 5 ユニセフと世界の子どもたちの状況
14 捜真女学校中等部 3年生 9/24 30 1 0 ユニセフの仕事についてインタビュー学習
15 ガールスカウト神奈川県第79団 1年~ 9/27 60 ユニセフと世界の子どもたちの状況とニジェールについて
16 横浜市立浜中学校 3年生 9/28 45 198 12 SDGsの説明や具体的内容をユニセフの視点から
17 相模原市立谷口台小学校 6年生 9/29 85 134 10 (前回の出前学習から)のアドバイス
18 横浜三育小学校 6年生 10/12 40 19 1 児童労働とユニセフについての学習
19 横浜市立老松中学校 2年生 10/21 50 149 8 SDGsの学習(ののち、SDGs行動宣言を各自考える前段として)
20 横浜女学院高等学校 1年生 10/30 60 20 2 ユニセフの基礎学習とハンドインハンド募金の呼びかけについて考える
21 藤沢市立長後中学校 グループ 11/13 _ 5 0 ユニセフの基礎学習(横浜市内訪問)
22 相模女子大学 小学部 6年生 11/16 75 82 3 世界の子どもたちの現状とユニセフの活動、体験学習
23 川崎市立東住吉小学校 6年生 11/17 90 93 5 世界の子どもたちの現状とユニセフの活動、体験学習
24 横浜市立上飯田中学校 1~3年生 11/20 50 300 20 人権学習 児童労働について
25 横浜市立末吉中学校 1年生 11/20 60 315 15 ユニセフの基礎知識
26 横浜市立小田小学校 6年生 12/4 200 113 4

 

世界の人とともに生きるSDGs
 

27

マリアモンテッソーリエレメンタリースクール 1~3年生 12/8 120 38 4 水の大切さ、新型コロナウイルスと世界の子どもたち、支援ギフト贈呈
28 ガールスカウト神奈川県第60団 小中高 12/13 65 14 20 日本以外の子どもたちの現状を知り、自分たちができることを考える

PAGE TOP