【オンラインイベント】~Meet Cambodia~セタリンさんの簡単クメール料理とカンボジアのお話

日時:2020年7月6日(月)

オンライン(ZOOM)を使ったイベントとして開催

参加人数:52名

講師:ペン・セタリン氏(王立プノンペン大学教授、作家、カンボジア料理店「アンコール・トム」オーナー)

協力:小宮裕治氏 ・吉岡 諒氏(動画制作)

 

神奈川県ユニセフ協会第4次指定募金「暴力と虐待からカンボジアの子どもたちを守る」に関連し、当協会では初となるZOOMを使ったオンラインイベントを開催しました。

普段はカンボジアにお住まいのペン・セタリンさんに、おうちで再現できる簡単クメール料理として「チャークダオ」(カンボジア風ガパオライス)の作り方を動画で教えていただきました。ほかにも、カンボジアでの生活や歴史、食文化などについて、楽しいお話を聞くことができました。参加者からは「余りがちなナンプラーの使い方」や「チャークダウに合う付け合わせは?」など食の話から「家庭内での男女の分担は?」など興味深い質問があり、一つひとつにユーモアを交えてお答えいただきました。

当協会で取り組んでいる指定募金のプロジェクトについてご紹介すると、カンボジアでの子育てで「親が子どもを言葉でののしって、精神的に傷つけているのを見ると(作家として)こんなに悲しいことはない」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。コロナ禍で往来が難しい状況ですが、セタリンさんのお人柄とカンボジアを身近に感じることができる時間でした。

 

 

****第4次指定募金「暴力と虐待からカンボジアの子どもたちを守る指定募金」にご協力ください****

Students at the school are joining free time with their teacher. Mr. Mork Koy. Peam Ror School. Peam Koh village. Peam Ror District. Svay Rieng Province. Cambodia, 2018

神奈川県ユニセフ協会では国や地域および支援プロジェクトを定めた「指定募金」を実施しております。

2023年まで第4次指定募金として、カンボジアの子どもたちへの暴力と虐待をなくすための教師・保護者向けの研修プログラムを支援しています。子どもへの暴力を終わらせるための取り組みにご協力をお願いいたします。支援プロジェクト詳細はコチラよりご覧いただけます。


PAGE TOP