出前学習会事例1:基本学習会 「途上国の子どもたちとユニセフの活動について」

画像1そんな先生方の思いを応援します!
世界のことを教えたい!学びたい!

困難な状況の中で生活している世界の子どもたちの現状、そこで活動しているユニセフの取組みや緊急支援の内容などを知ることによって、広く世界の状況を知り、考えるきっかけになります。学習会の内容は参加者の年齢、人数、テーマ、目的に応じて設定いたします。学校の授業ばかりでなく、PTAや地域活動での実施も可能です。
学習会のプログラムを先生方とご相談しながら年齢や人数に合わせて設定いたしますので、ご相談ください。

 

蚊帳に入って安心感を体験する子どもたち。

蚊帳に入って安心感を体験する子どもたち。

内容例
■ユニセフの歴史、戦後日本が受けたユニセフからの支援についての話
■「ユニセフと地球のともだち」DVD視聴(14分)
活動分野別に組み立てられているDVDです。ユニセフ活動の全般を知るには最適です。
ユニセフの基礎学習(水と衛生・保健と栄養・教育・児童労働・子ども兵士・緊急支援)

 
 

ネパールの水がめを運んでみて自分たちと同年齢の子ども達の労働を体験する。

ネパールの水がめを運んでみて自分たちと同年齢の子ども達の労働を体験する。

■途上国の子どもたちの生活を体験してみよう!
・ORS(経口補水塩)水の作成と試飲
・ネパール水がめで水運び体験
・マラリアを予防する蚊帳を体験
■自分たちに何ができるか考えてみよう!

 

PAGE TOP