第12回 ユニセフ・子どもサマースクール 参加者募集

ユニセフ・子どもサマースクールでは、小学生の皆さんに「世界の子どもたちの暮らし」についてお話しします。

 

image2自分と同じ年ごろの子どもたちがどんな暮らしをしているか、興味はありませんか?世界には、安全で衛生的な水を飲むことができない子どもたちや、家族の生活を支えるために働き、学校に行けない子どもたちがいます。それはなぜなのでしょうか?体験を通して一緒に学びましょう。自由研究にも役立つ内容になっています。夏休みだからこそ、ちょっと特別な学習会に参加してみませんか?

秦野市と茅ヶ崎市の2カ所で開催します。

(2)第12回 ユニセフ・子どもサマースクール in ちがさき

追加開催

 ※定員に達しましたので、申し込みの受け付けは終了いたしました。
media-20170607日時: 2017年8月20日(日)14:00~16:00 
(受付開始 13:45)
場所: 茅ヶ崎市役所分庁舎コミュニティーホール 
   (5階 A・B会議室)
対象: 小学1~6年生
*低学年クラスと高学年クラスに分かれて受講します
定員: 40名(先着順)
参加費:無料
持ち物:筆記用具、飲み物、上履き
主催: 神奈川県ユニセフ協会
後援: 茅ヶ崎市教育委員会/公益社団法人 茅ヶ崎青年会議所
※チラシ(茅ヶ崎版PDF)は、こちらからご覧いただけます。
→ 第12回ユニセフ子どもサマースクールin茅ヶ崎チラシ_追加開催

 

主な内容

低学年と高学年に分かれて行います。

●1〜3年生
・ユニセフって何?
・世界の子どもたちの暮らしは、私たちの暮らしとどう違うの?
・DVD・紙しばい・クイズ など

●4〜6年生
・ユニセフって何?
・きれいな水が手に入らない暮らし
・働かされている子どもたちの様子
・体験・クイズ
・ワークシートに記入してまとめ
・質問コーナー など

 

お問い合わせ

神奈川県ユニセフ協会
電話: 045-334-8950  FAX: 045-334-8951
E-mail:  event2017@unicef-kanagawa.jp

 

PAGE TOP