沿革(10年のあゆみ)

2005年3月 設立発起人会発足
9月 財団法人日本ユニセフ協会神奈川県支部設立
10月 パキスタン地震緊急募金
「エイズと子ども」世界キャンペーン開始
12月 初めてのハンド・イン・ハンドに取り組む(横浜・平塚会場)
2006年2月 設立記念キャンペーン「人身売買からラオスの子どもたちを守る」指定募金の取り組み決定
3カ年計画策定(キャンペーン、広報、グッズ、子ども参加の推進チームを作る)
6月 ジャワ島緊急募金
8月 第1回ユニセフ・子どもサマースクール開催
12月 第28回ハンド・イン・ハンド、大規模な街頭募金として県下3会場での取り組みを開始
2007年1月 子ども参加企画「第1回新春子どものつどい」開催
3月 第1回ユニセフのつどい開催(現在の1day for unicef)
6月 子ども参加企画として「コンテナに絵を描こう」(横浜開港祭会場)を実施
8月 FCバルセロナキッズキャンプ出前学習会/FCバルセロナ試合会場での街頭募金
10月 子ども参加企画「わくわくワークキャンプ」実施
TICAD Ⅳプレ企画現地報告「今、アフリカで起きていること」 講師:ユニセフ東部・南部アフリカ地域事務所代表
12月 開発教育教材チョコルート制作
現地報告会「メコンを渡る子どもたち」 講師:ユニセフ東アジア・太平洋諸国地域代表
2008年2月 TICAD Ⅳプレ企画 報告会「もっと知ろう、アフリカのこと」 講師:ユニセフ東京事務所代表
4月 第1回ユニセフ・パネル展「アフリカ・あふりか・AFRICA」
「子どもポルノ問題に関する緊急要望書」署名活動を始める
5月 中国四川大地震緊急募金
ミャンマーサイクロン緊急募金
11月 ラオス指定募金スタディツアー実施
12月 CSECジャパンフォーラムin横浜参加
2009年2月 パレスチナ自治区ガザ緊急募金
5月 第1回ユニセフ・ラブウォークinかわさき開催
7月 TAP YOKOHAMA 参加
10月 世界手洗いデー 参加
フィリピン台風緊急募金
11月 人形劇「ユニ・カナ劇団」による啓発活動開始
「子どもの権利条約」採択20周年
12月 自主上映会「子どもの情景」
2010年1月 ハイチ大地震緊急募金
3月 「人身売買からラオスの子どもたちを守る」指定募金 送金目標額を1年早く達成
4月 相模原市長が顧問に就任
10月 第2次指定募金「モルディブの子どもたちに栄養と未来を」の取り組みを開始
12月 「子どもポルノ問題に関する緊急要望書」提出
2011年3月 東日本大震災、約50年ぶりにユニセフの支援が日本に入る。
東日本大震災後方支援活動開始
4月 組織名称を神奈川県ユニセフ協会に変更
ユニセフかながわパートナーズ(賛助会員制度)開始
10月 東日本大震災緊急支援「守りたい・子ども未来プロジェクト」実行委員会立ち上げ
11月 スリランカ・モルディブ学習会開催
東日本大震災復興応援企画「気仙沼祈りのツリープロジェクト」開始年
2012年1月 機関紙を「unicefかながわニュースレター」に改名
2月 第1回ユニセフ・セミナーとして横浜国際フォーラムに参加
3月 東日本大震災支援「福島の子ども保養プロジェクト」開始
9月 モルディブスタディーツアー実施
10月 第1回1day for unicef開催
11月 書き損じハガキ募金の取り組み開始
2013年1月 シリア緊急募金
6月 TICAD Ⅴ ブース出展
8月 UNI-KANAプラザ オープン
事務所移転(現在の横浜市中区へ)
10月 フィリピン台風緊急募金
2014年1月 第3次指定募金「児童労働と闘うネパール指定募金」開始
5月 ネパール指定募金現地視察
8月 エボラ出血熱緊急募金
11月 「子どもの権利条約」採択25周年
2015年4月 ネパール大地震緊急募金
設立10周年事業「支援ギフトを届けよう!ユニセフ募金キャンペーン」開始
6月 設立10周年事業 ユニセフ・チャリティゴルフコンペ開催
8月 設立10周年事業 1day for unicef開催

PAGE TOP